スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南アフリカワールドカップの予想

稀少な読者の皆様お久しぶりです。
そろそろワールドカップ直前という事なのでさかーブログのうちとしても特集を組むべくGTA4等をやっております。
全然別ゲーですね、はい。

注目選手の特集やら日本代表の分析やらしようかと思っていたのですが書くの面倒なのでやめました。
ワールドサッカーダイジェストでも読んでクダサイ。

簡単に出来る事、という条件の中で優勝予想があったのでそれにします。


一番優勝の可能性が高いと思われるのはブラジルでしょう。
不安要素はカカが歴代10番と比較して下手であり創造性に欠けるということ。
ストライカーであるルイス・ファビアーノらが小粒なこと。
それでもセレソン史上最も守備的といわれる今回のブラジル代表は戦術と戦力のバランスから他国を圧倒しています。
特に右サイドバック層はダントツで世界最高のクオリティでしょう。
そして、今回の場所は南アフリカです。
欧州のチームは他大陸で優勝した事がないという実績もありまして、環境的にも南半球側のブラジルは適応しやすそうです。
以上の事からブラジルが優勝候補筆頭と言えるでしょう。あくまで順当にいけば、ですが。

次にアルゼンチンの可能性を挙げておきます。
素人監督マラドーナは戦術も人選も意味不明なのは確かですがここに来て調子を上げだしています。
現在最高のアタッカーと言われるメッシを生かそうと彼に直接相談し、やりやすいように戦術の調整をした結果でしょうか。
ただし素人監督ですので悪い流れになった時に、選手交代や戦術の調整などで流れを変える事はできないでしょう。
カンビアッソが選ばれていない等、人選も疑問ではありますがそれでもブラジルに匹敵する充実度です。
アタッカー陣の充実は素晴らしく、セリエ&プレミア&リーガと今期の欧州3大リーグ得点王が勢ぞろいだったりします。がくぶる。
唯一層が薄いのはGKで、ビッグクラブなら控えにされるレベルです。下手すると放出されます。
またブラジルと同じく環境適応面で有利な為、欧州強豪をわずかに押しのけて優勝候補と見ています。

純粋な戦力値ならスペインが最高だと思われます。
スペイン史上最強のメンバーが揃ったEURO2008の王者です。
バルセロナスタイルに近いポゼッションサッカーの頂点にあり、テクニック面では世界最高の充実度です。
弱点は右サイドバックのセルヒオ・ラモス、相性の悪い戦術は引き篭もりカウンターでしょうか。
全体的にフィジカルは弱く、そういった面でも不安要素はあります。
中盤には世界最高のフットボーラーイニエスタがいて彼がキープレイヤーだと思っています。

優勝の可能性が高いのはこの3つで他の候補はガクっと落ちます。
その中でも良いとこにいけそうなのが大舞台で勝負強く調子も良いけれどバラック怪我で若手主体な成長途上のドイツ。
注目選手はエジル、マリン、ミュラー、クロース、ノイアーです。
次にかつての期待の若手達が成熟してきたオランダですが、持病の内紛と調子に乗って負ける癖がどうなるか。
ロッベンが怪我で出場微妙なのは大きなマイナスになります。
怪我人多発な上に今期不調な選手が多いのがイングランド。
優勝請負人カペッロが指揮して以来、依然とは別次元のチームになっていたのですがマイナスイベントが多すぎて優勝は難しそう。
ワールドカップ王者ながら大幅な戦力減退となってしまったイタリアの連覇はまずないでしょう。
過去十数年で比べても最弱のイタリア代表です。原因はトッティやカッサーノのような一人で流れを変えられる選手がいない事。
また全体的に年齢層が高く全盛期の力が出せない選手が多々います。

中堅国で今回期待できそうなのは、セルビア、パラグアイ、ウルグアイ、スロバキア
特にセルビアは今回久々にタレントが揃い大国並の充実度です。
本当はコートジボワールも含めたいのですがドログバがどこぞの田中マルクスさんのおかげで骨折れたので難しいかも。

フランスとポルトガルは監督無能なのでダメそうです。特にフランス。

日本は目指せ3敗ってところでしょうかね。得点する気配がまったく感じられないんですが。
1勝したら奇跡程度に考えているといいかも。1引き分けくらいはやるかもしれませんけど。

まとめると 
ブラジル
アルゼンチン
スペイン
ドイツ
オランダ
イングランド
セルビア
イタリア
の順番となります。

まともに考えればブラジル優勝なんですが、それでは面白くないのでマラドーナという爆弾を抱えたアルゼンチンをあえて予想してみます。
優勝の条件はメッシ無双が発動する事ですね。

ヘスス・スアレス氏の愛好家として魅せるフットボールがある事を祈っています。

ついでに今回会場の一つとなるヨハネスブルグの紹介でもしておきますね。有名なアレですが。

<死にたい人にお薦めの危険な街・ヨハネスブルグのガイドライン>
 ・軍人上がりの8人なら大丈夫だろうと思っていたら同じような体格の20人に襲われた。
 ・ユースから徒歩1分の路上で白人が頭から血を流して倒れていた。
 ・足元がぐにゃりとしたのでござをめくってみると死体が転がっていた。
 ・腕時計をした旅行者が襲撃され、目が覚めたら手首が切り落とされていた。
 ・車で旅行者に突っ込んで倒れた、というか轢いた後から荷物とかを強奪する。
 ・宿が強盗に襲撃され、女も「男も」全員レイプされた。
 ・タクシーからショッピングセンターまでの10mの間に強盗に襲われた。
 ・バスに乗れば安全だろうと思ったら、バスの乗客が全員強盗だった。
 ・女性の1/3がレイプ経験者。
  しかも処女交配がHIVを治すという都市伝説から「赤子ほど危ない」。
 ・「そんな危険なわけがない」といって出て行った旅行者が5分後血まみれで戻ってきた。
 ・「何も持たなければ襲われるわけがない」と手ぶらで出て行った旅行者が
  靴と服を盗まれ下着で戻ってきた。
 ・最近流行っている犯罪は「石強盗」 石を手に持って旅行者に殴りかかるから。
 ・中心駅から半径200mは強盗にあう確率が150%。
  一度襲われてまた襲われる確率が50%の意味。
 ・ヨハネスブルグにおける殺人事件による死亡者は1日平均120人、うち約20人が外国人旅行者
スポンサーサイト

またゲーム業界の話

ゲームを作るクリエイターはアーティストでなければならないのです
4GAMEに掲載されたアダムス氏の演説にも以下のような発言が載っています。

「ゲームデザイナーは,プレイヤーが何を望んでいるかを考えながらゲームを作り上げる必要があります」
「身の程をわきまえ,プレイヤーのことを第一に考える」
「シングルプレイゲームを作る場合,ゲームデザイナーはアーティストのような存在であるべきで,市場の動向や,開発コストについてあれこれ考えるべきではない」
「またシングルプレイゲームにおいては,プレイヤーに与えられたチャレンジの難度が急激に変化したり,プレイヤーの予測不可能な形でキャラクターが倒されたりすることで,公平さが失われてしまうという」


http://www.4gamer.net/games/107/G010710/20100315032/
引用元はこの記事デス

しかし今のゲーム業界はどうでしょう。
面白いものを作る気概がまったく感じられません、いかにユーザーを騙して買わせるか、それしか見ていないのではないでしょうか。
まるで民主党のマニフェスト詐欺です。

本音と建前の違いが多すぎるんですよ世の中。
だから嘘をつかないと仕事も出来ない国になってるんです、そんな環境が楽しいのですか?
例えばバイトにやる気を求めるって馬鹿なんじゃないでしょうか、そこに腰をすえる意思もないのに給料分以上に働きたくなんかないでしょう。
やる気が欲しかったらそれ相応の待遇と良い環境を与えろと。
与えもしないのに要求ばかりのクレクレ君ですよ、日本の会社は。

みんな率直に言ったらいいんですよ、わかりやすく伝えたらいいんですよ。
何故難しい言葉を使ってわかり難く発言するのか、それは真実を理解されると困る人達がいるからです。
愚民は黙って奴隷になってればいいんだ、という黒い意思が見え隠れしますね。
大抵の偉い人は本当の民主主義が嫌いなんですよ、独裁が大好きなんです、だって自分さえ良ければいいって人達ですから。

建前を本音にして裏表のない世の中にして欲しいですね。
そういう性根の腐ったふざけた連中を片っ端から刑務所にぶち込むか死刑にすればみんな良い子になるんじゃないでしょうかね。
過激な発想でしょうけど、実際そういうのに罰則を設けないとダメですよ、声の大きい人間のクズがのさばりますから。
絶望した!正直者が馬鹿をみる世界に絶望した!

少し話がずれましたがゲーム業界もユーザーの願いはまったく届いていない企業ばかりと言えます。
大人の事情とやらで経費を削減して利益を上げる事だけを考えているのです。
それがゲームから面白さを奪い、結果として利益が下がるとわからないのです。
クリエイティブな分野を無理矢理に実益主義にしたらダメなんですよ。
だからヒット作の模倣品ばかりが乱発されるのです、クソゲーばかりになるのです。
面白いと思ったアイディアよりも売れているジャンルが優先なのです。
利益重視の企業なんて死ねばいいのに。
食品だって他の品物だってユーザー第一、品質第一じゃないと本末転倒なんですよ。

適当に書いた駄文でスイマセンがいつもの事ですね。

theme : 大航海時代Online
genre : オンラインゲーム

大会とかのかんそー

何を血迷ったのかたまにはDOLの事でも書くようです。
鳩山新政権が誕生して以来、順調にダメダメな方向に向かいっていて本当にありがとうございましたな今日この頃。
11/7日あたりに大賀のファミリーセールとかがありました、でも行ってないので全然関係アリマセン。
同じ日にサプライズカップとかいう大会があったのでりゅぎそさんに拉致されて出場してきましたので、そのまとめデモ。

more...

theme : 大航海時代Online
genre : オンラインゲーム

全然役に立たない内容です

PC壊れました。
代理ノートが最低限の機能しか使えないのでブログでも更新しますか!
ってことでめずらしくなんか書きます。ヘタレなかよわい私ですが模擬の話でも。

DOLの戦闘が一番おもしろかった時期は主流が戦列艦とわずかにロワあたりの時代だと思います。
それは船がどうこうというわけではなく、抜けクリというものが浸透していなかったことが主因なのです。

簡単に言うと、かつては自分が沈むのは基本的に自分の回避操船のせい、きっちりとアクションゲームでした。
今はというと、回避操船もあるのですが、どんなに完璧に避けていても抜けクリで強制的に沈められる強めの運要素があります。
打つ側の抜けクリが成功しているタイミングならば自分で出来ることはなく、白兵撤退の運だけです。
味方のフォローとかって話もありますが、1~2ターンで撤退成功されて抜けクリ決められる等の速攻パターンは防げない場合も多く、その部分で言ってしまえば運ゲーなのです。
打つ側の精度は腕ですが、タイミングよくボタン押す事をサーバーの砲撃判定と抜けるタイミングがかみ合ってるか等にもよりますね。
打たれる側に出来ることは白兵入る前に先行して舵を入れておくか、そもそも白兵にはいられないように気をつけるくらいです。

抜けクリというのはサッカーで言えばPKみたいなものですよ。
現在主流な戦い方は、ガッチガチに守備を固めて抜けばかり狙って勝つ、というもの。
サッカーで言えばありもしないPKを奪い守備に徹して逃げ切るようなものです。
一番「カタイ」勝ち方なんだというのもわかりますが。
まぁ、そんな時代ではあっても抜けに適応できればまだ楽しく遊べています。
抜けクリはやられると悔しさよりも萎えがきますが、やる分にはわりと楽しいです。
やってることはパンヤみたいなものですがw

で、仕込み艦隊なるものがやってきたことで他の方が、それは運ゲーすぎるとご感想を挙げているところをいくつか拝見いたしました。
まったくそのとおりだと思いますし、同意見です。試しにやったことありますが結構疲れる上につまんないですw
ただ、抜けクリも十分運ゲーだと思うよ!って言いたかったので暇つぶしに書いてみました。


おまけ。商会内の出来事について。

more...

広告対策のついでにうpでーと感想

戦闘中の浸水で海水拾ってくるとか何の嫌がらせですか。
操船で忙しい時に海水のグラフィックなんか出すんじゃありませんw
補給する時に海水がつまって邪魔だし……
停船からダブルクリックで帆が勝手に全開といい意味もなく海戦に影響与える事するなと。。
オフゲーなら前のパッチに戻してるところですよ。
コーエーはさっさと謝罪と保障をするニダ。

前の1人艦隊チャットの使用禁止といい、どうしてわざわざ不便にする修正を自慢げにしますかね。
自分の所のゲームやってたらそんな発想は出ないはずなんですが
そこはオフゲPC版は有料βテストがデフォのコーエー様、斜め上は得意技です。

はやくCoD4を超えるオプーナを作って下さい、コーエー様。
プロフィール

エヴァンジェル

Author:エヴァンジェル
エウロス鯖の冒険者です。
大航海に関係ない事ばかりです。
暇で仕方がない時に更新します。



(C)2005 KOEI Co., Ltd. All rights reserved.
このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。

っていうコピペぺたぺた

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。